離婚訴訟をすると、どのくらい期間がかかるのか知っていますか? すぐに終わると思っている人もいますが、実際は違います。 なんと1年〜2年は、確実にかかるのです。 数ヶ月で終わると思っていた人もいるかもしれませんが、実はこのくらい時間がかかってしまいます。 まず、訴状を出して1ヶ月くらいで1回目の口頭弁論が行われ、それから月1回のペースで訴訟の審理が行われます。 こうしたことを1年〜2年ほど続けて、ようやく離婚訴訟が終わるのですが、場合によってはこれ以上時間がかかるケースも珍しくありません。 お互いに納得いかなかった場合、3年ほどかかることもあります。 また、スムーズに訴訟が進めば、1年以内で終わるケースもありますが、これは非常に稀です。 最低でも離婚訴訟には1年以上かかることを覚悟して、訴訟を起こすようにしてください。 そして、長引けば長引くほどお金もかかるというのをきちんと理解しておくことが大切です。 中には、経済的な問題で仕方なく妥協してしまうケースもあります。